コンサルタント養成ブログ
知識・経験を活かして、あなたならではの「オンリーワン・コンサルタント」を目指そう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンサルタントと実務家の違いは?
この「コンサルタント養成ブログ(講座)」では、自ら持つ専門知識・経験を生かしてコンサルタントになる方策を指導・アドバイスしていきます。その点、やはり実務経験を豊富に持っていることが強みになります。

では、それだけの実務経験があれば、そのままコンサルタントになれるでしょうか?

まぁ、なれる人もいるかも知れません。ですが、コンサルタントと実務家の間にある「壁」を乗り越えることが必要になります。「コンサルタント養成ブログ(講座)」は、まさにその「壁」を乗り越えるノウハウをお教えします。

コンサルタントと実務家では、何が違うのか?

簡単に箇条書きで整理すると、次のようになります。

 (1)コンサルタントは、「あるべき姿」を知っている
 (2)コンサルタントは、主張や持論を持っている
 (3)コンサルタントは、「暗黙知」を「形式知」化している
 (4)コンサルタントは、事例を知っている
 (5)コンサルタントは、客観性・中立性を保っている

こんなところでしょうか。

もちろん実務家でも、(1)(2)(3)については、クリアしている人もいるでしょう。そのような方は、コンサルタントに限りなく近いと言えます。ですが、(4)はどうでしょうか? 自分の勤務先くらいしか知らない、あるいはせいぜい数社程度でしょうね。(5)となると、組織の中に取り込まれていると、なかなか難しいです。

コンサルタントを目指すなら、(1)(2)あたりは、しっかりと自分の考えを整理し、組み立てることです。(3)も、自分の持つノウハウを整理しておくとよいでしょう。(4)は、ちょっと努力が必要ですね。(5)については、コンサルタントという立場になれば自動的に「第三者」になるので、何か特別なことをする必要はないのですが、是々非々で事に臨む高潔さのようなものは求められるでしょう。

(1)~(5)については、また改めて詳述したいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 コンサルタント養成ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。