コンサルタント養成ブログ
知識・経験を活かして、あなたならではの「オンリーワン・コンサルタント」を目指そう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「コンサルタント養成」とは何か?
「コンサルタント養成」に取り組む以上、世の中ではどのような類似講座があるか、少し調べてみました。調べたと言っても、「コンサルタント養成講座」でググってみただけですが。

何と、検索結果の1位は、私が講師を務める、週末起業フォーラムの「コンサルタント養成講座」ですね。ありがたいことです。

以下、見ていくと・・・

 2位:経営コンサルタント養成講座
 3位:キャリア・コンサルタント養成講座
 4位:福島正伸先生による、超人気コンサルタント養成講座
 5位:ITコンサルタント養成講座
 6位:おもちゃコンサルタント養成講座
 7位:コンサルタント養成講座(慶應丸の内シティキャンパス)
 8位:おもちゃコンサルタント養成講座
 9位:PHP コンサルタント養成講座
 10位:消費生活コンサルタント養成講座

という具合になっています。(便宜上、表現は少し省略して表記しています)

これをみると、ほとんどが「コンサルタント養成講座」ではなく、「○○コンサルタント養成講座」となっているのに、お気づきかと思います。7位については、サイトを見ると、実質的には「経営コンサルタント養成講座」です。9位についても同様です。

4位は、ちょっと毛色が変わっていますね。私は、この講座に参加したことがあります。技術的なことや実務的な内容ではなく、コンサルタントとしての「姿勢」を教えてくれるようなものでした。(結構、感動モノです)

実は、私が言うところの「コンサルタント養成(講座)」は、「○○コンサルタント養成講座」の「○○」の部分を取り除いたものです。

「○○」の部分には、あなたの専門分野の名前が入ります。その部分は、自分で何とかしてください。というか、あなたが持っている知識・経験(つまり専門分野の能力)を生かし、その分野でコンサルタントになることをサポートするというのが、ここでの「コンサルタント養成」です。

他の「○○コンサルタント養成講座」のカリキュラムの、恐らくはほとんどが、「○○」の部分を教えることに費やされます。極端な話、「○○」の知識がたとえゼロであっても、講座を受講することで「○○コンサルタント」になれるようになっています。というか、そのように宣伝されていることでしょう。

ですが、その「○○」の部分について、実務経験なしに座学で学んだところで、コンサルティングなどできるのでしょうか? よほど特殊な分野でない限り、それは極めて困難だと思います。なおかつ、ゼロから学ぶわけですから、期間も費用も莫大にかかります。大変なことですし、お金と時間がもったいないです。

私が目指すのは、あなたの持っている知識・経験をベースにした、あなたならではのオンリーワン・コンサルタントになっていただくことです。「○○コンサルタント」の「○○」の部分は、自身でご自由に決めてください。

あなたが実務で得てきた知識・経験を、「コンサルティング商品」に仕立て上げる、というのが、私の言う「コンサルタント養成」のキモの部分です。したがって、「専門分野について、ゼロから教えてくれ」という人は、対象外ですので、悪しからず。

ちなみに、私が講師を務める「コンサルタント養成講座」では、下記のような肩書きのコンサルタントが誕生しています。

 ・スポーツショップ専門販促コンサルタント
 ・食材マーケティングコンサルタント
 ・接客教育コンサルタント
 ・映像制作コンサルタント
 ・コミュニティビジネスコンサルタント
 ・海外ビジネスコンサルタント
 ・離婚コンサルタント
 ・収納コンサルタント
 ・・・

全般的に経営系が多いですが、「離婚」や「収納」といった分野もあります。

そもそも「経営コンサルタント」という肩書自体、何をしてくれるのが、何が専門分野なのかわからないので、クライアントにとって不親切です。肩書きをつけるなら、「何をしてくれるのか」一目でわかるようなものがよいでしょう。

既に持っている知識・経験を生かすことが、コンサルタントになるための最短距離です。
あなたならではの「オンリーワン・コンサルタント」を目指しませんか?


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 コンサルタント養成ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。