コンサルタント養成ブログ
知識・経験を活かして、あなたならではの「オンリーワン・コンサルタント」を目指そう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンサルタントの「商品」とは?
コンサルティングも、他のビジネスと同様、「商品化」というステップを踏んでビジネスにしていくことになります。ですが、コンサルティングはモノではありませんので、「商品化」という言葉がピンと来ない人も多いようです。

コンサルティング商品は、簡単に言えば、クライアントに提供する指導内容をパッケージ化したものです。基本的な商品パターンとしては、以下の項目が挙げられますので、これらの切り口でコンサルティングを「商品化」すると考えやすくなります。

(1)診断

クライアントの現状を明らかにすることです。問題点や不足している点を指摘し、処方箋を提示します。

(2)プランづくりの支援

起業家に対するコンサルティングならビジネスプラン、経営者に対してなら経営計画、メーカーに対してはコストダウンのプランといった具合に、将来目標の設定とそれを実現するための道筋を共に考え、計画書という成果物にまとめます。

(3)プラン実現の支援

プランに基づいて実行するクライアントと定期的にコンタクトを取り、実現にあたっての問題点を解決すべく、アドバイスをしていきます。さらに成果の検証を行ない、プランの見直しもします。

(4)代行

これは本来、コンサルティングではないのですが、プラン実現支援の一環として、コンサルタントが代行することもあり得ます。場合によっては、ここが一番儲かるかも知れませんので、商品ラインアップとして持っておくのもよいでしょう。

これらが基本ですが、付随して、教育研修や、クライアントの「お悩み事相談」への対応、情報提供といった業務も商品になります。

もちろん、どの分野でコンサルティングを行なうかにより、商品の内容が変わって来ますが、基本となるこれらの商品を体系化して提供できれば、あなたも立派なコンサルタントです!
スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
コメント
商品化
商品化むつかしいですね。
お客様に伝わらないと意味が
ないですしね。

これからサービス立ち上げを
考えております。
2008/12/07 (日) 17:25:19 | URL | 校長 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 コンサルタント養成ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。