コンサルタント養成ブログ
知識・経験を活かして、あなたならではの「オンリーワン・コンサルタント」を目指そう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンサルタントの「肩書き」のつくり方
自分の知識・経験をベースにコンサルタントになりましょう!というのが、このブログのコンセプトです。ですので、その「肩書き」の選択肢は無限です。「コンサルタント」だけでは、何をコンサルティングしてくれるのか、見た人にわかりません。「経営コンサルタント」にすれば、少し絞られてきますが、それでもかなり幅広いですね。

もちろん、肩書きなんて、自分で自由に決めればよいわけですが、“自由に”と言われても、困ってしまうかも知れません。ですので、肩書きを作る際のポイントというか着眼点を、ここで伝授しましょう。次の5つの切り口で「○○コンサルタント」という肩書きの「○○」の部分を考えるとよいでしょう。


(1)機 能

コンサルティングの対象とする部分を「機能」面でとらえて考えてみます。たとえば「マーケティング」、「事業開発」 等々があります。

(2)顧客層

ターゲットとするクライアント層を表現する言葉を使います。「専門」と入れておくと、より明確になりますね。たとえば「飲食店専門」、「食品メーカー専門」といった感じです。

(3)提供価値

そのコンサルタントを雇うことで、どんなメリットがあるのかを示す言葉をつけてみます。コンサルタントがクライアントに提供する価値ですね。「売上増大」、「コストダウン」といった言葉があり得るでしょう。

(4)手法、ノウハウ

コンサルタントが用いる手法やノウハウを、そのまま肩書きにつけてしまいます。「トヨタ式」、「TOC(制約理論)」 等が考えられます。

(5)ツール

ツールの使い方などをコンサルティングするのであれば、ツールの名前をそのまま肩書きにすることができます。「ブログ」、「SNS」といったものがあるでしょう。

上記(1)~(5)の観点でキーワードを挙げて、その中から肩書きに使えるものを選びましょう。1つではなく、2つ掛け合わせると、独自性を主張できます。たとえば「食品メーカー専門コストダウンコンサルタント」といった具合です。但し、3つ以上となると、肩書きとしては長過ぎてしまうでしょうね。

コンサルタントの肩書きをつくる場合は、そのコンサルタントが何をしてくれるのか(あるいは、してくれそうなのか)、見た人にピンと来るものにしたいですね。

また、検索エンジンでみつけてもらうケースも多いとかんがえられますので、検索キーワードを意識しておくことも大切です。場合によっては、すでに商標登録されているケースもあり得ますので、他に同じ肩書きを名乗っている人がいないかどうか、検索してみることも必須です。

コンサルタントの肩書きについては、コンサルティング商品を構築した上で再検討し、肩書きとコンサルティング内容とが整合しているか、確認してくださいね。「コンサルタント」ではなく、「○○コーチ」「○○アドバイザー」「○○プランナー」「○○評論家」といった肩書きの方がふさわしいのであれば、必ずしも「○○コンサルタント」にこだわらなくてもよいでしょう。
スポンサーサイト
copyright © 2017 コンサルタント養成ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。