コンサルタント養成ブログ
知識・経験を活かして、あなたならではの「オンリーワン・コンサルタント」を目指そう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンサルタント起業は、魅力がいっぱいです!
「コンサルタント」という肩書、何はともあれ、「カッコよさげ」ですよね。そして、高収入(やり方次第ですが(^^;))。

しかも、元手が少なくて済みますし、実際のところ、資格も必要ではありません。(但し、知識・経験は必要です)

また、元手が少なくて済むどころか、仕事をすればするほど、それが自分の知識・経験の「仕入れ」になります。お金をもらいながら仕入れができるとは、何てすばらしい商売なのでしょう!

そして、「好きなこと」「得意なこと」に集中できるというのも、大きな魅力です。

コンサルタントになる前、私は英語研修会社の某事業部長でした。事業部長といえば、自分が担当する事業部の損益責任を負う存在で、小さな会社の経営者のような視点が求められます。

私はその仕事の中で、特に、事業計画の策定やマーケティング戦略を立案することが好きでした。しかし、小規模な事業部ですから、零細企業の社長と同様、非常にこまごまとした仕事までしなくてはなりません。アルバイトの管理、クレームをはじめとする客先対応、業務の監督等々、本当に自分がやりたい「事業計画の策定やマーケティング戦略を立案すること」は、業務時間のほんの一部を占めるに過ぎませんでした。

できることなら、「事業計画の策定やマーケティング戦略を立案すること」だけを仕事にできないだろうか?

そのように悶々としていたところで知ったのが、「経営コンサルタント」という仕事の存在です。

経営コンサルタントは、いろいろな企業の「事業計画の策定やマーケティング戦略を立案すること(正確には立案をサポートすること)」が典型的な仕事内容です。これこそ自分のやりたい仕事だ!と直感し、コンサルタントの世界に入りました。

その時から20年間、ずっとコンサルタントとして仕事をしてきましたが、私にとって、その魅力の輝きは増すばかりです。挙げ句の果ては、コンサルタントになりたい人をサポートすることまで手掛けるようになりました。

コンサルタントの魅力は、コンサルタントになることで、より一層、実感することができます。一人でも多くの方に、その魅力を理解いただき、コンサルタント仲間として、一緒に世の中に価値を提供していくことができればと、心から願っています。

※本気でコンサルタントを目指す!→『コンサルタント養成講座』
通学講座→ http://www.shumatsu.net/school/consul.html
通信教育→ http://www.shumatsu.net/product/consulyosei.html
スポンサーサイト
コンサルタントは儲かる?
一応、コンサルタント(特に経営コンサルタント)の成功基準は、年収2000万円と言われています。大企業のサラリーマンと比較すると、やはりこの水準位に到達しないと、わざわざ苦労してコンサルタントになる甲斐がない、ということでしょうか。

で、本当にそんなに稼げるかどうか。まぁ、やり方次第ですね。

「やり方」が「戦術」の問題だとしたら、「戦略」は何でしょうか?

それはズバリ、どのようなクライアントをターゲットにするかです。

クライアントが金持ちなら、コンサルタントも金持ちになります。その逆も真です。これが基本です。ですので、高収入を目指すなら、やはり個人相手でなく企業相手、企業相手なら、零細よりも中小・中堅、さらには大企業を狙いたいところです。料金水準に対する感覚が違います。

もっとも、お金持ちでないクライアントを相手にしても、儲ける方法がないわけではありません。要するに、売上はクライアント単価×クライアント数なわけで、単価が低いのであれば、クライアント数をたくさん持てばよいわけです。

もちろん、同時に持てるクライアント数には、物理的な限界があります。オーソドックスに、クライアントに出向いて行なうコンサルティングでは、特にそうですね。

毎日1件訪問するとして、月に20件が限界でしょうか。1回の出向(こういう言い方をします)単価が20万円なら、月間で400万円の売り上げ。事務所やら秘書やら、経費をさっぴいても年収2000万円にはなりますけどね。実際には、こんなに働いたら、体を壊します(^^;)。

私が最高にクライアント数を持った時期は、12社でした。死にそうでした(^^;)。売上は、月額で合計1000万円(瞬間風速ですが)。クライアントあたりの月間出向回数が2回以上でしたので、「はしご」も結構、ありました。でも、その「瞬間風速」は、やはり続きませんでした。

同時に持てるクライアント数を増やすには、会費制の会員組織を構築するという手があります。私がチーフコンサルタントを務める週末起業フォーラムも、そうです。当初、起業家(しかも週末起業家!)向けのコンサルティングなんて、どう考えても儲かりそうにないと思ったものですが、「広く薄く集める」この方式なら、死ぬほど働くなくても、そこそこの収益になります。

もっとも、会員すべてに対し、個別のコンサルティングを行なうわけではないですので、本来のコンサルティングとはちょっと違うわけです。ですが、コンサルタントとして飯を食っていく、とりわけ年収2000万円以上を稼ぐとなると、このようなビジネスモデルの工夫も必要でしょう。
copyright © 2017 コンサルタント養成ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。